映像コンテンツ事業

エンタテインメント性の高い
映像コンテンツを創造します

劇場映画・テレビドラマ番組・アニメーション作品・Web関連映像の企画制作、
テレビCMを中心とした広告制作、ミュージックビデオを主とした音楽映像制作のほか、
各種映像コンテンツのライセンスビジネスを行っています。
個々の分野で確かな実績をあげるとともに、クロスメディアコミュニケーションへの対応も展開しています。

株式会社ロボット

ロボットは、エンタテインメントを通じて、
勇気と希望を社会に与えていく会社です。

ROBOTは、1986年にTVCMとグラフィックの制作プロダクションとしてスタートしました。その後、広告からエンタテインメントへとフィールドを広げ、劇場映画、アニメーション、デジタルコンテンツ、キャラクター開発なども手掛けています。2009年には短編アニメ『つみきのいえ』で米国アカデミー賞を受賞しました。主な作品として映画『ALWAYS三丁目の夕日』などがあります。

株式会社ピクス

「独創性と革新性」を常に心がけ、新しい感受性を持った映像を通し、人の心に「楽しい驚き」を提供します。

幅広いジャンルで新しい映像表現を追求。
近年では大型3Dプロジェクションマッピングをはじめ、
商業施設や各種展示会におけるVR、AR、サイネージなどの最新技術を駆使した
空間映像演出なども数多く手がけ、よりフレームレスな映像体験を発信しているほか、
自社IPコンテンツの企画、開発にも取り組んでいます。

事業領域・セグメント