SUSTAINABILITY

サステナビリティ

気候変動

気候変動

気候変動に対する考え方

当社グループは、資源・エネルギーの節約、廃棄物のミニマム化、リサイクル、促進などに努め、限りある資源や自然を大切にする方針を掲げています。気候変動は、今後世界規模にて、より広範な地域や分野で深刻化すると予測されています。当社グループは、気候変動の問題を重要な課題ととらえ、今後、事業における影響・リスク等を管理する体制の構築に努めてまいります。

プロジェクションマッピングアワード
イベントにおいて実質100%再エネ化を実現

  • 質の高い教育をみんなに
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • 気候変動に具体的な対策を

東京国際プロジェクションマッピングアワードは、2016年から国内外の若手空間映像クリエイターの発掘と育成、新しいテクノロジーの普及、有明地域の活性化を目的とし、毎年東京ビッグサイトを舞台に開催されている日本最大級のプロジェクションマッピングのアワードです。当社グループのIMAGICA EEXとピクスが東京国際プロジェクションマッピングアワード実行委員会として運営をしています。

当アワードはこれまでも、SDGsが掲げる「4.質の高い教育をみんなに」「9.産業と技術革新の基盤をつくろう」「11.住み続けられるまちづくりを」の目標達成に貢献してまいりました。

2021年11月に開催した東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.6においては、「13.気候変動に具体的な対策を」の目標達成にも貢献すべく、上映会イベントにおいて排出されるCO2をオフセット(実質100%再エネ化)して開催しました。上映会の様子はオンライン形式で配信し、のべ22万人が視聴しました。

東京国際プロジェクションマッピングアワード公式サイト
東京国際プロジェクションマッピングアワード上映会場