GROUP

グループ情報

グループ沿革

1935s~

創業期フィルム現像事業拡大へ
1935年

映画フィルムの現像・上映用プリント事業を目的に、(株)極東現像所として京都・太秦で創業

(京都・太秦 (株)極東現像所)

1942年(株)東洋現像所に商号変更
1951年

東京・五反田工場(現:(株)IMAGICAエンタテインメントメディアサービス 東京映像センター) 操業開始

(東京・五反田工場)

1986年(株)IMAGICAに商号変更
1990s~

事業多角化により、新たな映像関連市場の創出ホールディングス体制スタート、株式公開へ
1992年(株)フォトロンがグループに参画
2000年フォトロンがアイチップス・テクノロジー(株)を設立
2002年(株)ピクスがグループに参画
2006年(株)ロボットと経営統合し、(株)イマジカ・ロボット ホールディングスに商号変更(純粋持株会社化)
2009年(株)デジタルスケープ(現:(株)イマジカデジタルスケープ)がグループに参画
2011年大阪証券取引所ジャスダックスタンダードに上場
2012年東京証券取引所市場第二部に上場
2013年(株)コスモ・スペースがグループに参画
2014年東京証券取引所市場第一部に上場
(株)テレキュート(現:(株)IP モーション) がグループに参画
2015s~

事業領域の拡大展開グループ共創による持続的成長へ
2015年SDI Media Group、(株)ウェザーマップがグループに参画
2016年(株)オー・エル・エムがグループに参画
2017年(株)イマジカ・ライヴを設立
キューアンドエーアーキテクト(株)(現:(株)イマジカアロベイス)、PPC Creative Limitedがグループに参画
2018年(株)イマジカ・ロボット ホールディングスが(株)IMAGICA GROUPに商号変更
(株)IMAGICAが子会社2社と合併し、(株)IMAGICA Lab. に商号変更
2019年Pixelogic Holdings LLCがグループに参画
(株)IMAGICA Lab.とSDI Media Groupが(株)IMAGICA SDI Studioを設立
(株)IMAGICA Lab.が(株)IMAGICA IRISを設立
(株)主婦の友インフォスがグループに参画
2020年(株)湘南ハイテク企画がグループに参画
(株)IMAGICA EEXを設立
(株)フォトニックラティスがグループに参画
2021年SDI Media Groupを売却
(株)IMAGICAエンタテインメントメディアサービスを設立
(株)IMAGICAエンタテインメントメディアサービスが(株)IMAGICA SDI Studioを吸収合併